「障害証明書」は診断書の代わりとなるか?

最終更新日:2014年7月15日

Q.20歳前初診障害基礎年金を事後重症にて受給しています。20歳当時、病院を受診しておらず当時の診断書を準備できなかったために事後重症の扱いとなりましたが、20歳前に在園していた知的障害者施設の在園証明書、あるいは、市が…続きを読む


Q.20歳前初診障害基礎年金を事後重症にて受給しています。20歳当時、病院を受診しておらず当時の診断書を準備できなかったために事後重症の扱いとなりましたが、20歳前に在園していた知的障害者施設の在園証明書、あるいは、市が発行した知能検査結果にかかる『障害証明書(重度の精神発達遅滞)』により、障害年金を20歳当時まで遡って認定していただくことは可能なのでしょうか?

『障害証明書』は診断書の代わりとなるか?

障害年金の請求については、障害の状態に関する医師又は歯科医師の診断書を添付しなければならないこととなっています。 20歳前初診における障害年金請求の場合において、その障害状態を診査することとなる障害認定日は20歳となっており、20歳到達日以後3か月以内の現在の症状による診断書の提出が求められています。 したがいまして、本件の『在園証明書』および『障害証明書』は20歳前の初診であることの資料としては有効でありますが、20歳当時の障害年金の認定のための診断書に代わるものとしては扱われません。
  • 1日も早く請求したい…
  • 過去に遡って受給したい…
  • 申立書の書き方が分からない…
  • 自分の病名で通るか不安だ…

等、どのようなお悩みでも結構です。あなたからのお問い合わせをお待ちしております。

東京相談センター

受付時間:平日9:00〜18:00(月曜〜金曜)

担当者直通

受付時間:平日9:00〜18:00(土日も対応)

受給できれば生活が大分楽になります。

お気軽にご相談ください

障害年金を受給しながら就労して収入を得る。
それができたらあなたの負担も少しは減りませんか?
一人ひとりの状況にあわせた支援を行います。
ひとりで抱え込まず、お気軽にご相談ください。

  • 相談件数

    年間相談件数1000件以上

    電話・メールでの相談件数は年間1000件以上。

  • 全国対応

    全国対応

    北海道から沖縄まで、ご相談・請求代行に対応。

  • 精神障害専門

    精神障害専門

    精神障害での障害年金請求のみを行なっております。

  • 神経症,人格障害

    神経症・人格障害

    諦めず、お気軽にご相談ください。

電話での受付・お問い合わせ

お問い合わせ電話番号