光トポグラフィー検査により双極性障害と診断 51歳

最終更新日:2016年8月24日

双極性障害での請求事例。認定日まで遡って障害厚生年金2級と認定されました。

障害基礎年金の請求事例


概要

障害種別
精神の障害
病  名
双極性障害
都道府県
新潟県
認定等級
障害基礎2級
請求方法
4年遡求
次回更新
5年後

病歴・経緯・相談内容

当事務所にご依頼されるまでの経緯

発病当時、広告や出版関係のフリーデザイナーとして働いていたが、連日にわたり徹夜仕事をしていたが、突然これまでのような気力が一切湧かなくなる。

初診は平成19年8月。計4回の転院。入院歴あり。
認定日当時の診断は「うつ病」光トポグラフィー検査を受け、双極性障害と診断されている。

母親に身の回りのことやお金の面倒を見てもらったりしていることからくる罪悪感から解放されたいとお電話にて相談をいただきます。

当事務所にて請求を行いました結果、認定日までの4年間遡って障害の等級は2級と認定され、当該等級の障害厚生年金が支給されました。

請求方法・サポート内容

障害認定日、請求時点ともに障害年金の支給対象となる診断名であったため、さほど重要視はしておりませんでしたが、診断書には「当初はうつ病と診断されていたが、元々双極性障害であったと判断できる」と書かれていました。

認定日と請求時点の病名が異なるような場合で、かつ、一方が障害年金の支給対象ではないような診断名の場合、このように書いていただくと認定されやすくなるのかもしれませんね。

診断書を作成していただき、内容も十分でしたので、あとは病歴申立書の作成に力を入れ請求を行いました。

ご利用いただいたお客様の声

この度の障害年金申請の件、ありがとうございました。
医者はかなり社労士さんが苦手なようでたくさんご迷惑をおかけしたと思います。かなり強情な医者で日野さんも大変だったと思います。

結果的にこうして障害年金を受給できたのもすべて日野先生のお陰です。
深夜0時をまわっているにも関わらず、電話で話を聞いてくださったことも何回かありましたね。後ろでは子供の声が聞こえていましたが先生は嫌事を一切言われる事なく私の話しをずっと聞いてくださいました。
本当に感謝しております。本当にありがとうございました。


  • 1日も早く請求したい…
  • 過去に遡って受給したい…
  • 申立書の書き方が分からない…
  • 自分の病名で通るか不安だ…

等、どのようなお悩みでも結構です。あなたからのお問い合わせをお待ちしております。

東京相談センター

受付時間:平日9:00〜18:00(月曜〜金曜)

担当者直通

受付時間:平日9:00〜18:00(土日も対応)

受給できれば生活が大分楽になります。

お気軽にご相談ください

障害年金を受給しながら就労して収入を得る。
それができたらあなたの負担も少しは減りませんか?
一人ひとりの状況にあわせた支援を行います。
ひとりで抱え込まず、お気軽にご相談ください。

  • 相談件数

    年間相談件数1000件以上

    電話・メールでの相談件数は年間1000件以上。

  • 全国対応

    全国対応

    北海道から沖縄まで、ご相談・請求代行に対応。

  • 精神障害専門

    精神障害専門

    精神障害での障害年金請求のみを行なっております。

  • 神経症,人格障害

    神経症・人格障害

    諦めず、お気軽にご相談ください。

電話での受付・お問い合わせ

お問い合わせ電話番号