診断書が書けないという心療内科

最終更新日:2016年5月14日

障害年金を申請するための診断書は精神科医が作成したものでなければならない聞きました。現在私は心療内科に通院していますが、障害年金の請求はできるのでしょうか? 精神の障害により障害年金を請求する場合に提出する診断書は、原則…続きを読む

診断書が書けない心療内科


障害年金を申請するための診断書は精神科医が作成したものでなければならない聞きました。現在私は心療内科に通院していますが、障害年金の請求はできるのでしょうか?

精神の障害により障害年金を請求する場合に提出する診断書は、原則として精神保健指定医又は精神科を標ぼうする医師に作成していただくことになっています。
しかし、てんかん、知的障害、発達障害、認知症、高次脳機能障害など診療科が多岐に分かれている疾患について、小児科、脳神経外科、神経内科、リハビリテーション科、老年科などを専門とする医師が主治医となっている場合、これらの科の医師であっても、精神・神経障害の診断又は治療に従事している医師であれば、診断書を記入していただくことができます。
ちなみに、精神障碍者保健福祉手帳は、「精神障害の診断又は治療に従事」している医師であれば、精神科の専門医でなくても作成できることになっています。

【精神科と心療内科の違い】

心療内科は主に心身症(身体疾患)を扱い、精神科は精神疾患を専門に扱う科をいいます。


  • 1日も早く請求したい…
  • 過去に遡って受給したい…
  • 申立書の書き方が分からない…
  • 自分の病名で通るか不安だ…

等、どのようなお悩みでも結構です。あなたからのお問い合わせをお待ちしております。

東京相談センター

受付時間:平日9:00〜18:00(月曜〜金曜)

担当者直通

受付時間:平日9:00〜18:00(土日も対応)

受給できれば生活が大分楽になります。

お気軽にご相談ください

障害年金を受給しながら就労して収入を得る。
それができたらあなたの負担も少しは減りませんか?
一人ひとりの状況にあわせた支援を行います。
ひとりで抱え込まず、お気軽にご相談ください。

  • 相談件数

    年間相談件数1000件以上

    電話・メールでの相談件数は年間1000件以上。

  • 全国対応

    全国対応

    北海道から沖縄まで、ご相談・請求代行に対応。

  • 精神障害専門

    精神障害専門

    精神障害での障害年金請求のみを行なっております。

  • 神経症,人格障害

    神経症・人格障害

    諦めず、お気軽にご相談ください。

電話での受付・お問い合わせ

お問い合わせ電話番号