休職の申し出は拒否されることはあるか?

最終更新日:2014年12月15日

    「うつ病により3ヶ月間の療養を要す…」といった診断書を提出し、休職を申し出たが、会社から休職を拒否されました。     休職の取得は、労働者の権利ではないため、会社はこうし…続きを読む


    「うつ病により3ヶ月間の療養を要す…」といった診断書を提出し、休職を申し出たが、会社から休職を拒否されました。     休職の取得は、労働者の権利ではないため、会社はこうした申し出に応じる必要はありません経営および人事サイドが、自社の就業規則の要件に照らし、提出を受けた診断書の記載内容や、当該労働者の日頃の勤務状況なども踏まえ、休職を命じるのが適当かどうかを検討し、その裁量によって決定できます。   しかし、就業規則に「労働者は、診断書を添えて申し出ることにより、休職をすることができる」などと記載されている場合、休職が労働者の権利として設計されていますので、このような場合に休職を拒否する場合はそれ相応の理由が必要となります。     ただし、就業規則にこの様な記載があったとしても、やはり最終的には会社が休職の適用を判断するといった条項があれば、会社の判断の結果、休職が認められないこともあります。          
  • 1日も早く請求したい…
  • 過去に遡って受給したい…
  • 申立書の書き方が分からない…
  • 自分の病名で通るか不安だ…

等、どのようなお悩みでも結構です。あなたからのお問い合わせをお待ちしております。

東京相談センター

受付時間:平日9:00〜18:00(月曜〜金曜)

担当者直通

受付時間:平日9:00〜18:00(土日も対応)

受給できれば生活が大分楽になります。

お気軽にご相談ください

障害年金を受給しながら就労して収入を得る。
それができたらあなたの負担も少しは減りませんか?
一人ひとりの状況にあわせた支援を行います。
ひとりで抱え込まず、お気軽にご相談ください。

  • 相談件数

    年間相談件数1000件以上

    電話・メールでの相談件数は年間1000件以上。

  • 全国対応

    全国対応

    北海道から沖縄まで、ご相談・請求代行に対応。

  • 精神障害専門

    精神障害専門

    精神障害での障害年金請求のみを行なっております。

  • 神経症,人格障害

    神経症・人格障害

    諦めず、お気軽にご相談ください。

電話での受付・お問い合わせ

お問い合わせ電話番号