請求者本人が亡くなられた後の請求 舌癌 56歳

最終更新日:2016年8月24日

請求者本人が亡くなられた後でも、本来支払われるべきであった障害年金は遺族に支給されます。

障害厚生年金の請求事例


概要

障害種別
血液・造血器、その他
病  名
舌癌
都道府県
神奈川県
認定等級
2級15号
請求方法
未支給年金の請求
認定期間
3年

病歴・経緯・相談内容

当事務所にご依頼されるまでの経緯

舌癌と診断され、放射線、抗がん剤治療を行っている請求人の配偶者よりご相談をいただきました。

医師に余命宣告をされるも、本人には決してそのことを伝えず、遠方の病院まで毎日数時間かけて通っては看病を続けておられました。

遠方の病院に毎日通うとなると多くの費用も発生してしまうため、また、その費用も捻出しなければならないということで障害年金を請求することになりました。

請求方法・サポート内容

診断書、病歴申立書、その他必要書類一式を年金事務所に提出する少し前にご本人が亡くなられてしまったため、未支給年金の請求を同時に行いました。

未支給年金とは、年金の受給権を持つ方が亡くなったときに、本来であれば支払われるはずであった未払いの年金のことをいい、亡くなった月の分まで支払われます。

結果、障害厚生年金2級と認定され、その支払われるべき年金は配偶者に支払われることとなりました。

ご利用いただいたお客様の声

日野先生。この度は主人の障害年金と一連の請求手続きを行っていただき誠にありがとうございました。主人の葬儀なども終わり大分落ち着きました。主人の最期を思い返すとまだまだ悲しくなってしまいますが、これからは私が主人の分まで精一杯生きていきたいと思います。大変なお仕事だとは思いますが、これからもたくさんの方々の助けになってあげてください。
この度は誠にありがとうございました。


  • 1日も早く請求したい…
  • 過去に遡って受給したい…
  • 申立書の書き方が分からない…
  • 自分の病名で通るか不安だ…

等、どのようなお悩みでも結構です。あなたからのお問い合わせをお待ちしております。

東京相談センター

受付時間:平日9:00〜18:00(月曜〜金曜)

担当者直通

受付時間:平日9:00〜18:00(土日も対応)

受給できれば生活が大分楽になります。

お気軽にご相談ください

障害年金を受給しながら就労して収入を得る。
それができたらあなたの負担も少しは減りませんか?
一人ひとりの状況にあわせた支援を行います。
ひとりで抱え込まず、お気軽にご相談ください。

  • 相談件数

    年間相談件数1000件以上

    電話・メールでの相談件数は年間1000件以上。

  • 全国対応

    全国対応

    北海道から沖縄まで、ご相談・請求代行に対応。

  • 精神障害専門

    精神障害専門

    精神障害での障害年金請求のみを行なっております。

  • 神経症,人格障害

    神経症・人格障害

    諦めず、お気軽にご相談ください。

電話での受付・お問い合わせ

お問い合わせ電話番号