障害年金で生活保護から抜けたい。統合失調症

最終更新日:2016年8月24日

障害年金を受給して生活保護から抜け出したい。請求の結果、月額約12万の年金、遡求分併せて700万円が支給。

障害厚生年金の請求事例


概要

障害種別
精神の障害
病  名
うつ病
都道府県
大阪府
認定等級
障害厚生2級
請求方法
5年遡求
次回更新
2年後

病歴・経緯・相談内容

当事務所にご依頼されるまでの経緯

職場で突然強い不安感に襲われる。その後、周囲の人間から危害を加えられるような感覚があり、このままでは自分は抹殺されてしまう恐れがあるので何とかこの世界から逃げ出さねばと思い込む。

無断欠勤が続き、職場上司から精神科を受診するように指示され会社近くの精神科を受診した。

以後、8年にわたって精神科通院。転院は5回。

生活保護を受給しながら週1日5時間勤務。1日出勤すると後2日は寝込んでしまうため、辞めたいとケースワーカーに話すが「とにかく働いてもらわないと困る。働く意思がないなら生活保護は打ち切る」と言われたり、精神科入院中、「退院の翌日から働いてくれ」と言われたりするなど、ケースワーカーと関わるのがとにかく非常につらいとのことでした。

障害厚生年金を受給できるようになれば生活保護から抜け出せると思い年金を請求をすることを決意。

当事務所にて申請を行った結果、障害認定日まで遡って障害厚生年金2級に認定され、総額約700万円ほどが支給されました。

また、社会保険労務士による代行(費用)が必要経費として福祉事務所に認められた案件でもあります。

請求方法・サポート内容

障害認定日を行うため必要となるものは、初診日の証明書と認定日の診断書、そして現在の診断書の計3通となります。

障害認定日頃の診断は「うつ病」、現在の診断は「統合失調症」。
初診日は8年前のものが必要となりましたが、初診病院にカルテが残っておりすんなりと交付していただけました。
また、診断書も同様で、内容もおそらく2級には問題なく認定されるであろうというでした。

あとは、病歴申立書の作成に力を入れ請求を行いました。個人的には1級に認定されてもおかしくないかなと思いましたが、まだ単身生活ができているとのことで、障害の等級は2級に認定されました。

ご利用いただいたお客様の声

非常にうれしいご連絡をありがとうございます。
先生のおかげで2級の認定になり、本当に感謝いたします。しかも遡求もあるとのこと、先生に恩返しできますね。

いまのところまだ証書は届いておりませんが届き次第連絡させていただきます。
今月になってからは、しょっちゅう郵便受けを覗いて毎日ハラハラしていました。
すぐに連絡をくださり、ありがとうございました。おかげさまで良い年越しができます。

年金は月額約12万。生活保護費が月額約13万円ですので切り詰めれば生活保護は辞められるかもしれませんね。
先生のおかげで年金受給できるようになり、本当にうれしく感謝いたします。


  • 1日も早く請求したい…
  • 過去に遡って受給したい…
  • 申立書の書き方が分からない…
  • 自分の病名で通るか不安だ…

等、どのようなお悩みでも結構です。あなたからのお問い合わせをお待ちしております。

東京相談センター

受付時間:平日9:00〜18:00(月曜〜金曜)

担当者直通

受付時間:平日9:00〜18:00(土日も対応)

受給できれば生活が大分楽になります。

お気軽にご相談ください

障害年金を受給しながら就労して収入を得る。
それができたらあなたの負担も少しは減りませんか?
一人ひとりの状況にあわせた支援を行います。
ひとりで抱え込まず、お気軽にご相談ください。

  • 相談件数

    年間相談件数1000件以上

    電話・メールでの相談件数は年間1000件以上。

  • 全国対応

    全国対応

    北海道から沖縄まで、ご相談・請求代行に対応。

  • 精神障害専門

    精神障害専門

    精神障害での障害年金請求のみを行なっております。

  • 神経症,人格障害

    神経症・人格障害

    諦めず、お気軽にご相談ください。

電話での受付・お問い合わせ

お問い合わせ電話番号