生計維持関係の認定基準

最終更新日:2019年11月14日

2級以上の障害等級に該当すると、障害基礎年金には子の加算が、障害厚生(共済)年金には配偶者加算がつきますが、その加算を受けるには、受給権者の収入によって生活が成り立っているという生計維持要件が問われます。ここでは生計維持関係の認定についてまとめています。


配偶者が単身赴任していたり、子供が就学のために学校の寮に入っているような場合も加算対象になるのかな?
見習い社労士 のの
見習い社労士 のの
ママ社労士 静
ママ社労士 静
単身赴任や就学のために加算対象者と受給権者が別居しているような場合も、受給権者の収入によって生活が成り立っていると認められれば加算の対象となるの。
お、生計維持関係の話だね。生計維持関係は別居している場合もそうだけど、法律婚ではない事実上婚姻関係にあるような場合、いわゆる内縁関係でも認められるんだ。今回は生計維持関係の認定について説明しよう。
年金社労士 龍馬
年金社労士 龍馬

生計維持関係の認定基準

「障害基礎年金の加算額の対象となる子」および「障害厚生年金の加給年金額の対象となる配偶者」にかかる生計維持関係は、生計維持関係(受給権者の収入によって生活が成り立っている)等の認定日において、(1)生計同一要件および(2)収入要件を満たす場合に認定されます。

年金社労士 龍馬
年金社労士 龍馬
年金制度の生計維持とは単純に年収によるものでなく、例え一方の収入が少ない場合でも相互扶助でお互いの生計を支えあっているという考えに基づいていますので、受給権者より加算対象となる配偶者の収入の方が多い場合(収入要件あり)でも、加算の対象となりますよ。

生計同一要件

生計を同じくしていた者又は生計を同じくする者(配偶者又は子)とは次のいずれかに該当する方をいいます。

生計同一認定対象者について
  • 18歳に達する日以後最初の3月31日までにある子
  • 20歳未満で障害等級1級または2級に該当する状態である子
  • 65歳未満の配偶者
  1. 住民票上、同一世帯である
  2. 世帯を別にしているが、住所が住民票上、同一である
  3. 住所が住民票上、異なっているが、次のいずれかに該当
    • 現に起居を共にし、かつ、消費生活上の家計を一つにしていると認められるとき
    • 単身赴任、就学又は病気療養上等の止むを得ない事情により住所が住民票上異なっているが、①生活費、療養費等の経済的な援助が行われている、②定期的に音信、訪問が行われているなどの事実が認められ、その事情が消滅したときは、起居を共にし、消費生活上の家計を一つにすると認められるとき
必ずしも同居が必要というわけではないの。
ママ社労士 静
ママ社労士 静
生計同一関係の確認方法

生計維持・生計同一関係は戸籍謄本、世帯全体の住民票、前年の所得証明等により審査の上認定されます。更に、加算対象者が受給権者と別居していたり、別世帯である場合は、別途、第三者の証明などの提出が必要となります。

  • 住民票(世帯全員)の写し
  • 別世帯となっていることについての理由書
  • 同居についての申立書
  • 第三者の証明
  • 別居していることについての理由書
  • 経済的援助および定期的な音信、訪問等についての申立書
事項提出書類
健康保険の被扶養者になっている場合保険証の写し
給与計算上、扶養手当等の対象となっている場合給与明細の写し
税法上の扶養親族になっている場合源泉徴収票の写し
定期的に送金がある場合
  • 預金通帳
  • 振込明細書
  • 現金書留封筒の写し
その他その事実を証する書類
年金社労士 龍馬
年金社労士 龍馬
生活費等の経済的援助が行われているかどうかはしっかり確認されますので、加算対象者の名義となっている公共料金の請求書なども準備しておくといいでしょう。
内縁/事実上の婚姻関係について

配偶者である夫および妻には、婚姻の届出をしていないが、事実上、婚姻関係と同様の事情にある者も含まれます。

事実上婚関係にある者とは、いわゆる内縁関係にある者をいい、内縁関係とは、婚姻の届出を欠くが、社会通念上、夫婦としての共同生活を成立させようという合意および事実関係が認められるものをいいます。

年金社労士 龍馬
年金社労士 龍馬
婚姻の届出をしていなくても、障害厚生年金2級の受給権が発生した当時、受給権者により生計を維持されており、事実上、婚姻関係と同様の事情にある65歳未満の者であっても、受給権者の収入によって生活が成り立っているという生計維持要件が認められれば、配偶者加算を受けることが出来るんだ。

適用除外者

夫婦としての共同生活を成立させようという合意および事実関係が認められる場合であっても、その関係が反倫理的な内縁関係である場合、事実婚関係とは認められない。具体的には次の通り。

民法第734条(近親婚)の制限

民法734条は、「直系血族又は三親等内の傍系血族」との間の婚姻を禁止しています。「直系血族」とは、自分と直系の関係にある人、具体的には、父母、祖父母、総祖父母、高祖父母…や、子、孫、曾孫、玄孫…といった人のことを指します。また、「傍系血族」とは、同じ祖先から分かれ出た人、具体的には、兄弟姉妹(同じ父母から分かれ出ている)、叔父、叔母、甥、姪、従兄弟姉妹、再従兄弟姉妹…(同じ祖父母から分かれ出ている)といった人のことを指します。

第735条(直系姻族間の婚姻禁止)

直系姻族は、姻族のうち、自己の配偶者の直系血族および自己の直系血族の配偶者のことをいいます。 … 例えば、夫から見て妻の父母・祖父母や、自分から見て子・孫の夫や妻などが直系姻族に該当します。 民法735条は、直系姻族間の婚姻は、たとえ姻族関係が終了してもすることができないとされています。

第736条(養親子関係者間の婚姻禁止)

普通養子縁組又は特別養子縁組をすると、その養子となった者と養親とは、民法上血族として取り扱われます(民法第727 条)ので、両者は結婚する事は出来ません。養親と養子との間の親子関係(直系血族関係)は、養子縁組の終了により解消し、元の赤の他人同士に戻る事になったとしても、親子関係が終了したとしても結婚する事は出来ません。(民法第736条)

離婚後の内縁関係と生計維持関係

離婚の届出がなされ、戸籍簿上も離婚の処理がなされているにもかかわらず、その後も事実上婚姻関係と同様の事情にある者の取り扱いについては、当事者間に、社会通念上、夫婦としての共同生活を成立させようという合意および事実関係が認められれば、事実婚関係にある者として認められ、配偶者加算を受けることが出来ます。

重婚的内縁関係

届出による婚姻関係にある者が重ねて他の者と内縁関係にある場合は、届出による婚姻関係がその実態を全く失ったものとなっているときに限り、内縁関係にある者を事実婚関係にある者として認定されます。なお、内縁関係が重複している場合については、先行する内縁関係がその実態を全く失ったものとなっているときを除き、先行する内縁関係における配偶者を事実婚関係にある者とされます。

年金社労士 龍馬
年金社労士 龍馬
届出による婚姻関係がその実態を全く失ったものとなっている」は、次のいずれかに該当する場合等が該当します。
  1. 当事者が離婚の合意に基づいて夫婦としての共同生活が行われていない場合であって、その状態が長期間(おおむね10年程度以上)継続し、当事者双方の生活関係がそのまま固定していると認められるとき
  2. 「夫婦としての共同生活の状態にない」といい得るためには、次に掲げるすべての要件に該当することを要するものとすること
    • 当事者が住居を異にすること
    • 当事者間に経済的な依存関係が反復して存在していないこと
    • 当事者間の意思の疎通をあらわす音信又は訪問等の事実が反復して存在していないこと

重婚的内縁関係に係る調査

重婚的内縁関係にある者を「婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者」として認定するには、届出による婚姻関係がその実態を全く失ったものとなっていることを確認するため、戸籍上の配偶者、内縁関係にある者に対して、次の調査を行い、その結果を総合的に勘案して事実婚関係の認定を行うものとされています。

  • 別居の開始時期及びその期間
  • 離婚についての合意の有無
  • 別居期間中における経済的な依存関係の状況
  • 別居期間中における音信、訪問等の状況
  • 1による調査によっても、なお不明な点がある場合には、内縁関係にある者に対しても調査を行う。
事実上の親子関係について

子は、実子または養子のみが認められ、事実上、親子関係にある者は、子とは認められません。

収入要件

加算対象者の収入について
生計維持認定対象者は、次のいずれかに該当する者とされます。
  1. 前年の収入が年額850万円未満
  2. 前年の所得が年額655.5万円未満
  3. 一時的な所得があるときは、これを除いた後、前記1又は2に該当すること
  4. 前記の1、2又は3に該当しないが、定年退職等の事情により近い将来(おおむね5年以内)収入が年額850万円未満又は所得が年額655.5万円未満となると認められること
年金社労士 龍馬
年金社労士 龍馬
加算対象となる配偶者が障害年金を受けている場合は、配偶者加算は行われません。
加算対象の配偶者が過去に遡って障害年金を受けるようになった場合、過去に受けた配偶者加算は返還しなければならないのよ。
ママ社労士 静
ママ社労士 静
収入の確認方法

前年の所得証明等の提出が必要です。もし、障害認定日が5年以上前で所得の証明が取れない場合は、「収入に関する申立書(任意の書式)」を作成し、提出する必要があります。

生計維持関係等の認定日

  1. 受給権発生日
  2. 障害年金の受給権発生後において、当該受給権者が次のいずれかに該当することとなった日
    • 障害年金加算改善法施行日の前日において、加給年金額及び加算額の加算の対象となっていない配偶者及び子を有する場合は、法施行日の前日(平成23年3月31日)
    • 法施行日以後において、新たに生計維持関係がある配偶者及び子を有するに至った場合にあっては、当該事実が発生した日
    • 法施行日以後において、加給年金額及び加算額の加算の対象となっていない子を有する場合にあっては、その子が新たに障害等級の1級又は2級に該当する障害の状態となった日。
    • 法施行日以後において、加給年金額及び加算額の加算の対象となっていない子を有し、受給権者の配偶者等に対して当該子に係る児童扶養手当が支給されている場合にあっては、児童扶養手当の額が決定、改定又は停止となった月の前月の末日、若しくは障害基礎年金又は障害年金の当該子に係る加算の届出日。

よくあるご質問

よくあるご質問

障害等級1級または2級の障害状態にある加算対象の子の障害認定はどのように行われるのですか?

障害年金用診断書の提出により行われます。また、子の障害に関しては、障害認定日という概念がないため、初診日から1年6か月を待つ必要はありませんし、更新も必要ありません。

まとめ

以上、生計維持関係の認定は、上記の「生計同一」「収入」という2つの要件を満たしたときに認められます。

別居(住民票が別)や事実婚の場合、金銭の授受や音信のやりとりが残っていないかの確認ができるかどうかで加算の対象となるか否かが判断されますのできちんと証明するものを準備されることをお勧めします。

以上、今回は生計維持関係について詳しく話したけどちゃんと理解は出来たかな?
年金社労士 龍馬
年金社労士 龍馬
見習い社労士 のの
見習い社労士 のの
配偶者や子供と別居している場合でも生計維持関係は認められるんですよね。でも、それを証明するには色んな書類が必要になる。ということですよね。
よく理解できてるじゃない。生計維持関係を証明するには、所得証明や別居の理由書、経済的援助を証明するものとか必要になるから結構大変なのよ。不備あるとすぐ戻って来ちゃうから。だから、請求する際は不備がないようにしっかり確認しながら準備するようにしましょうね。
ママ社労士 静
ママ社労士 静

受給できれば生活が大分楽になります。

お気軽にご相談ください

障害年金を受給しながら就労して収入を得る。
それができたらあなたの負担も少しは減りませんか?
一人ひとりの状況にあわせた支援を行います。
ひとりで抱え込まず、お気軽にご相談ください。

  • 相談件数

    年間相談件数1000件以上

    電話・メールでの相談件数は年間1000件以上。

  • 全国対応

    全国対応

    北海道から沖縄まで、ご相談・請求代行に対応。

  • 精神障害専門

    精神障害専門

    精神障害での障害年金請求のみを行なっております。

  • 神経症,人格障害

    神経症・人格障害

    諦めず、お気軽にご相談ください。

電話での受付・お問い合わせ

お問い合わせ電話番号

  • 1日も早く請求したい…
  • 過去に遡って受給したい…
  • 申立書の書き方が分からない…
  • 自分の病名で通るか不安だ…

等、どのようなお悩みでも結構です。あなたからのお問い合わせをお待ちしております。

東京相談センター

受付時間:平日9:00〜18:00(月曜〜金曜)

担当者直通

受付時間:平日9:00〜18:00(土日も対応)