産後うつが重症化。うつ病での申請事例

最終更新日:2016年8月24日

産後うつ。不安定な精神状態の原因が分からないまま重症化してしまい、うつ病に発展。医師には年金は難しいといわれるも2級に認定されました。

障害基礎年金の請求事例


概要

障害種別
精神の障害
病  名
うつ病
都道府県
オーストラリア
認定等級
障害基礎2級
請求方法
本来請求
認定期間
3年

病歴・経緯・相談内容

当事務所にご依頼されるまでの経緯

妊娠8週目あたりから産前うつとなる。
出産後も子供の夜泣きがひどく、睡眠不足となり産後うつが悪化。

義母と口論になった際、錯乱状態に陥り夫を殺害しようとし警察に保護。精神科病院に搬送され緊急措置入院となった。

退院後しばらくは症状安定していたが、再び悪化し、現在も通院と服薬治療を継続している。

請求方法・サポート内容

今回の請求においては、初診日は海外の病院となりますが、たとえ海外の病院が初診日にあたるとしても初診日の証明は必要となります。現地の病院に書いてくださいとお願いしても初めてという方も多いでしょう。うまく日本の年金制度を説明しながら書いていただく必要があります。

産後うつは一過性のものといわれていて、ほとんどの場合、産後数ヶ月もすれば自然になくなると言われていますが、今回の請求者さんには周りに相談できる方もおらず、自分の自分の不安定な精神状態の原因がわからないまま重症化してしまい、うつ病になってしまったものと思われます。

請求日時点でご本人は日本に帰国しており、現地の病院への受診状況等証明書の手配などで少々てこずりましたが、なんとか障害等級2級に認められ、障害基礎年金が支給されることになりました。

ご利用いただいたお客様の声

日野様には障害年金申請を助けて頂きまして、無事に申請がおりて本当に助かりました。
医師からはうつでの申請は難しいと言われてましたのですごく嬉しいです。
本当にありがとうございます。


  • 1日も早く請求したい…
  • 過去に遡って受給したい…
  • 申立書の書き方が分からない…
  • 自分の病名で通るか不安だ…

等、どのようなお悩みでも結構です。あなたからのお問い合わせをお待ちしております。

東京相談センター

受付時間:平日9:00〜18:00(月曜〜金曜)

担当者直通

受付時間:平日9:00〜18:00(土日も対応)

受給できれば生活が大分楽になります。

お気軽にご相談ください

障害年金を受給しながら就労して収入を得る。
それができたらあなたの負担も少しは減りませんか?
一人ひとりの状況にあわせた支援を行います。
ひとりで抱え込まず、お気軽にご相談ください。

  • 相談件数

    年間相談件数1000件以上

    電話・メールでの相談件数は年間1000件以上。

  • 全国対応

    全国対応

    北海道から沖縄まで、ご相談・請求代行に対応。

  • 精神障害専門

    精神障害専門

    精神障害での障害年金請求のみを行なっております。

  • 神経症,人格障害

    神経症・人格障害

    諦めず、お気軽にご相談ください。

電話での受付・お問い合わせ

お問い合わせ電話番号